好きすぎてとうとう自作するようになった料理やスイーツ

Pick Up Entry
好きすぎてとうとう自作するようになった料理やスイーツ

以前、会社の仲間とよく行っていた料理屋は

●62歳 男性

以前、会社の仲間とよく行っていた料理屋は、沖縄出身のマスターでした。
特に沖縄料理というわけではありませんでしたが、ゴーヤや豚肉を使った料理はさすがに旨かったです。

中でも私のお気に入りは、豚の角煮でした。
箸で簡単に切れるほど豚肉が柔らかく、味付けも絶妙でした。
妻も定期的に豚の角煮を作ってくれていましたが、正直言って話しにならないほど下手でした。
豚肉など、どの程度煮込んでいるのか知りませんが、硬くて口に残ります。何度もよく煮込めと言ったのですが、美味しい角煮を出してもらったことはありませんでした。

是非とも家庭でマスターの角煮を食べたいと、作り方を教えてもらって自分で作るようになりました。
作り方には特に秘訣というものはなく、時間をかけてコトコトと煮込む、ただそれだけでした。
豚肉はいきなり煮込むのではなく、最初にしっかりとフライパンで焼き色をつけて、旨みを閉じ込めるのが秘訣といえば秘訣でしょうか。
葱で下茹ですることと、蜂蜜を入れるのもポイントかもしれません。合計で4時間以上も煮込みます。最初はマスターが作る煮物には遠く及びませんでしたが、何度か作るうちにほぼ同じ味を再現できるようになりました。
私の唯一の自慢できる料理と言えそうです。


Copyright(c) 2017 好きすぎてとうとう自作するようになった料理やスイーツ All Rights Reserved.