好きすぎてとうとう自作するようになった料理やスイーツ

Pick Up Entry
好きすぎてとうとう自作するようになった料理やスイーツ

娘が幼稚園時代に

●47歳 女性

娘が幼稚園時代に、バザーに出すためのシフォンケーキを作らなければならなくなりました。

お菓子づくりなんて、ホットケーキくらいしか作ったことの無い私。先輩ママさんたちに手取り足取り教えてもらって、1人2ホールのシフォンケーキを作ったのです。
そのシフォンケーキは、卵を泡立てる力だけで、フワフワに仕上げるのがコツで、初めて試食をした時にはその美味しさに倒れそうになりました。

それ以来、何度と無く作る機会があり、子供の誕生日やお友達の家にお呼ばれに行く時には、サッと作って持参出来るようになりました。
子供たちにとっても「母の味」として思い出になったようでした。

このふわふわのシフォンケーキを焼くのには専用の型が必要で、他の型ではどうも上手に膨らまないのです。
お抹茶を入れたりココアを入れたりして、アレンジをすれば何通りの味も楽しめます。作り方を書いたたった一枚の紙切れを、20年経った今でも大切にしています。


Copyright(c) 2017 好きすぎてとうとう自作するようになった料理やスイーツ All Rights Reserved.